吉本新喜劇すっちーのちくびドリルの相方の吉田裕の出身って? | 旬・雑学.com

吉本新喜劇すっちーのちくびドリルの相方の吉田裕の出身って?

Sponsord Link

吉本新喜劇のちくびドリル。

今小学生に大人気ですね。

吉本新喜劇なので、最初は関西で広まっていましたが、最近では全国的にも広まってきました。

ちくびドリル

「ドリルすんのか~い。」

ってのが流行ってます。

これってすっちーがいればこそという感じがしますが、実は相方(?)の吉田裕さんがいないと成立しないギャグだったりします。

この吉田裕さんってどういう方なんでしょう。

吉田裕

プロフィールでは大阪産業大学となっています。
途中でお笑いに目覚めたのでしょうか。
普通に卒業していたら普通に就職していたのかもしれませんね。

出身はやはりというか、NSC(吉本総合芸能学院)です。

吉田裕さんはそこの23期生で、同期生には友近などがいます。

最初は漫才をやっていました。
そりゃそうでしょうね。

猿笑→トリプルセブン→トレイントレインと相方を替えながらコンビを転々とし、2005年新喜劇入団しています。

吉本新喜劇の若手って最初の導入シーンで何人かで出てくるものなのですが、そこで個性を出した者がもっといい役をもらえることになります。
吉田裕さんってセリフ覚えが良かったりアドリブが早かったりしたために、周りの若手が伸び悩むのをしり目にどんどんといい役をもらえるようになっていきます。

2007年に川畑泰史が座長に就任してからは、話を回す中心的な役などもまかされるようになってますます活躍することになります。

彼、実はちくびドリルの前も顔ギャグがありました。

顔が馬に似ていることと背が低いことから

「マキバオー」

ネタでいじられていました。

「馬飼ってる?」

「吉田バオー?」

なんて感じで。

これはこれで面白かったのですが、これだけで終わってしまうところで「ちくびドリル」が誕生したわけです。

ちなみにこのちくびドリルで圧倒的な存在感を出している座長のすっちーも元漫才師です。

コンビ名は「ビッキーズ」

ビッキーズ

漫才の前にお客さんに飴をまくのが恒例になっていて、数々の演芸大賞を総なめしていたほどの実力でしたが2007年に解散してしまいました。

こんなすっちーのおかげで全国区になりそうな吉田裕さん、最後にそんな彼の出世ギャグの「ちくびドリル」を見てみましょう。



おまけにもうひとつ


Sponsord Link

関連記事

この記事へのコメント

旬・雑学.com TOP » 芸能 » 吉本新喜劇すっちーのちくびドリルの相方の吉田裕の出身って?