2015年1月新ドラマ、生田斗真・小栗旬主演の「ウラボロス」あらすじとキャスト | 旬・雑学.com

2015年1月新ドラマ、生田斗真・小栗旬主演の「ウラボロス」あらすじとキャスト

Sponsord Link

「ウラボロス~この愛こそ、正義」は2015年1月期のドラマとしては唯一のサスペンスドラマです。

原作は人気漫画。

主演は生田斗真さんと「信長協奏曲」でも主役だった小栗旬さん。

生田斗真

小栗旬

2人とも児童養護施設で育った仲間なのですが、20年前に2人が慕っていた結子先生を殺した犯人を捜し出すために、生田斗真演じる龍崎イクオは刑事に、小栗旬演じる竜哉はヤクザになるというあらすじになっています。

あらすじは単純なものなのですが、毎回起こる事件を解決していくことで、結子先生を殺した犯人への手がかりが集まっていくストーリーになっているのかもしれません。

イクオは卓越した嗅覚と運動能力をもって数々の事件を解決している刑事なのですが、周囲ではそれを不思議がるほどのんびりした印象を持たれています。

そんなイクオがヤクザの竜哉とともに事件を解決する時はクールそのもの。狂気そのものといっても良いくらいです。
のんびりほんわかしたイクオとシャープなイクオの二面性が見どころといってよいでしょう。

一方龍哉ですが、こちらはツンデレといった性格です。
ヤクザといっても、もともとは結子先生の死の謎を突き止めるためになったものなので、事件が起こるたびに裏で刑事のイクオに情報を流します。

こんな二人が法では裁けない事件を次々と解決していくのです。

他のキャストですが、

イクオの同僚刑事に上野樹里演じる日比野美月

イクオたちをサポートする刑事部長に吉田剛太郎演じる三島薫

龍哉を追いかける刑事に滝藤賢一演じる蝶野真一

そして結子先生ならぬ柏葉結子に末広涼子

上野樹里さんといえばほんわかしたイメージでしたが、それをドラマ「アリスの棘」で父親を殺した犯人を追いつめるというシリアスな役柄で一新しました。

上野樹里

今回も東大卒のキャリアというクールなイメージの役柄になっています。
こういうイメージが定着するのでしょうか。

吉田剛太郎さんは、ダーティーな役柄が多かったのですが、花子とアンの嘉納伝助役以来、相談役のような若者を見守るような役柄が増えてきたように思います。

吉田剛太郎

結子先生役の末広涼子さん、はまり役です。
さすがのキャステイングですね。

末広涼子結子

犯人はだれなのか、どういう展開で犯人を絞っていくのか、楽しみ方がいろいろあるドラマですよね。

主題歌なんと嵐なんですね。

題名は「Sakura」。

生田斗真さんがジャニーズということもあるのでしょうが、嵐のメンバーが出ていないドラマで嵐の曲が主題歌のドラマって初めてじゃないでしょうか。

なかなか面白いです。


Sponsord Link

関連記事

この記事へのコメント

旬・雑学.com TOP » ドラマ » 2015年1月新ドラマ、生田斗真・小栗旬主演の「ウラボロス」あらすじとキャスト