360°ブックの作者大野友資さんとその作品一覧 | 旬・雑学.com

360°ブックの作者大野友資さんとその作品一覧

Sponsord Link

360°ブックって知っていますか?

世の中には立体ブックというものがあって、子供に人気ですよね

しかし、この360°ブックというのは完全に大人のものです。

なかなか想像しにくいですが、一度見るとその魅力にはまってしまうことは間違いないでしょう。

日本ではまだそんなに知られていませんが、海外では大変な反響になっているのがこの360°ブックなのです。

それでは360°ブックを紹介していきましょう。

360°ブック

これが360°ブックです。
見た目は普通の本の様に見えますが。

360°ブック富士山1

まずは「富士山」です。
360°ブックは本をこのように広げてその世界を楽しみます。
イメージとしてはたくさんの切り絵をつなげた様な感じなのでしょうか。
この円の中に素晴らしい景色が広がっているのです。

360°ブック富士山2

このように鶴が生息しています(笑)
富士山と鶴というのがいかにも日本的。
海外の人にも一押しの作品です。

360°ブックチーズ1

次の作品「チーズ」です。
トムとジェリーのチーズのイメージです。
丸い形のチーズの中にかわいいネズミたちが暮らしています

360°ブックチーズ2

ネズミがチーズでワインを飲んでいるのでしょうか。
優雅な感じです。

360°ブックジャックと豆の木1

「ジャックと豆の木」です。
この世界を表現するのは難しいと思われますが、

360°ブックジャックと豆の木2

ジャックが360°ブックの世界の中でしっかりと表現されています。
ジャックが見えますね。

360°ブックジャックと豆の木3

豆のつるも完全に表現されていてこの世界に引き込まれていくようです。

このように、この360°ブックでは紙を円形にすることで、いろんな世界が表現されています。

この360°ブックを作っているのは絵本作家などの本を執筆することを仕事にしている人ではなく、じつは建築デザイナーなのです。

お名前は大野友資(おおのゆうすけ)さん。

建築とグラフィックデザイナー。

ドイツで生まれて、東京大学の建築学部を卒業、同じく院も出ています。

360°ブックに関しては本を作るというよりは、空間を作っているといいます。

確かに建築家ならではの空間作成でいろんな世界がよく表現されていますよね。

大野友資さんのページでは360°ブックのさらにいろんな世界を写真で味わうことが出来ます。

大野友資さんのページ


Sponsord Link

関連記事

この記事へのコメント

旬・雑学.com TOP » 生活 » 360°ブックの作者大野友資さんとその作品一覧